賢治嫌い
(けんじぎらい)
初演日:0/0
作者:相馬杜宇
作者へ連絡(上演許可依頼など)
初演会場
初演劇団
キャスト総数
4(男:3 女:- その他:1)
上演時間
60分
あらすじ
男は悪役専門の所属俳優。スタッフに気を使いながら、細かい仕事を器用に回し、細々と生活していた。同じ事務所のタカシと現場終わりに楽しく飲んでいると、宮沢賢治の話になる。男は露骨に不快感を示し、賢治は同郷だから飽きるほどやらされた。よだかもプ(ブ)ドリも勝手に飛んでろと吐き捨てる。少し賢治に詳しいタカシはブドリは木こりだと訂正。タカシはなおも賢治の魅力を話そうとするが、男は拒絶し、スタッフの気遣いについてのダメ出しを始める。
男の目標は役名を貰って評価されること。そのために芸名を変え、新しい一歩を踏み出そうとしていた矢先だった。しかし新型コロナウィルスの拡大により、男の運命は変わっていく。その時、かつてユニットを組んでいた座付き作家(友)のLINEの着信があり……。
著作権使用料
独自規定
追記
岩手県芸術祭優秀賞受賞
大崎高校定時制(山手城南地区)にて奨励賞受賞
1人で上演しました。コロナがひどかった頃に上演され、都大会の枠は1校しかなかったのですが、実質2位で、とても好評だったそうです(^^)
その他
岩手県芸術祭優秀賞受賞

●劇作家・黒川陽子さんのコメント●

コロナで食うに困った男が、自粛警察の手伝いをし、中華料理店を閉店に追い込んでしまうくだりに、リアリティがありました。宮沢賢治の『なめこと熊』になぞらえながら、社会からあぶれそうになっている男が、より弱い立場にある者の命を奪っていく。そして、その相手には憎しみを抱いているわけでもなく、なんなら罪悪感を抱いているという描写をしているのがとても良いと思いました。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(30)
 
お笑い(34)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(34)
(2024/6/11 18:48:45現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム